• 介護の現場にも必要なシステム化

    超高齢化社会に突入した日本においては、今後介護業界の発展はますます望まれることであります。核家族化や高齢者の夫婦世帯、単独世帯が増えている現代社会においては在宅生活を続けていくうえでも介護サービスの利用は欠かせない人々が増えています。

    在宅生活の継続が困難になった場合の為に、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、老人保健施設などの入所施設への入所希望も後を絶ちません。平成12年4月より施行された介護保険法により、公的な保険サービスとしてその利用方法やサービス内容はシステム化されてきました。

    高齢者支援は簡単な仕事ではありません。
    高齢者や年配者を敬い、人に対しての思いやりと尊厳を重んじる心がないとその仕事は出来ないと言っても過言ではありません。
    24時間絶え間ない支援を続ける必要があるサービス事業所は心身ともに健康でないと高齢者の日常生活を支える仕事は出来ないと言っても過言ではありません。

    しかしながら、精神論だけでは介護サービスの現場は成り立ちません。
    人と人との関わりが密な高齢者支援の現場であるからこそ、システム化されたサービスが必要になります。



    日常生活支援は多岐にわたります。高齢者の健康管理の為のバイタルチェックや排せつ内容のチェック、服薬管理や褥瘡を含めた様々な処置などもあります。
    全ての支援が一つかけていても安全で安心な生活が出来なくなってしまうリスクがあります。



    介護職員の職員配置は決して十分であるとは言えません。

    ガジェット通信の情報はこちらのサイトです。

    少ない職員が交代勤務の中で恒常的な安定したサービスを提供する為には、業務内容のシステム化やリスク回避のミスが起きない為のチェック方法、記録の取り方を含めシステマチックな勤務内容が必要になるのです。